JA四万十のお米

高知県のお米の産地として古くから知られており、県内でも有名な、四万十町(旧窪川町)で生産される「仁井田米(にいだまい)」・大野見地区で生産される「大野見米(おおのみまい)」のブランド米が高い評価を受けています。さらに平成26年には新ブランド米「JA四万十厳選にこまる」が誕生し「JA四万十厳選にこまる基準」という独自の品質基準を設けたブランド米があります。
この四万十町(旧窪川町)は日本最後の清流といわれる「四万十川」のきれいな水と標高230mからなる高南台地と呼ばれる山々に囲まれた盆地(昼夜の温度差が大きく朝晩には深い霧に包まれる)など、特有の自然条件と長い歴史の中で培われた農家の高い技術が美味しさの秘訣です。

お米の種類・品種・生産部会・認定制度

JA四万十厳選にこまる

東京都目黒にある「こだわり米専門店・株式会社スズノブ」
5ツ星お米マイスター西島豊造氏監修JA四万十だけの新ブランド米
稲の生育に必要な栄養を補うため冬場に土壌分析を行いバランスの良い健康な土づくりに取組んでいます。また化学肥料や化学農薬の使用量を半分まで減らし環境に配慮した栽培方法(四万十ブランド認証、特別栽培等)に加え、「JA四万十厳選にこまる基準」をクリアした、仁井田米とは完全に差別化された高品質・大粒でプレミアムなお米です。

仁井田米

四万十町の中でも旧窪川町で栽培されたお米を「仁井田米」と呼び、今から約400年前の江戸時代初期より盛んになってきたと伝えられています。「仁井田」の地名は古く、山内一豊公が土佐をご巡回した記録の中にこの地域が「仁井田郷」と呼ばれていたことが記されております。「仁井田」は新田開発をした場所に付けられる地名であることが多く、古くから米づくりが盛んであったことを示しています。

大野見米

中土佐町大野見地区は、四万十町と隣接した地域で四万十町よりさらに上流域に位置しており四万十川源流点から18kmほど下流にあり、標高は300mの高原台地です。
大野見地区は古くから、米に適した土壌や水や気候に恵まれていることに加え、稲作に熱心に取り組む土地柄で、平成19年まで行われていた集荷区分の中で、特Aの米を産出する数少ない地域として知られています。 「大野見米」は四万十川源流域の恵まれた自然環境の中で栽培されたお米です。

代表的なお米の品種

ヒノヒカリ
四万十町(旧窪川町)の中で最も栽培面積が広く、代表的な品種です。特徴はコシヒカリより粒は小さいですが、甘みが強く、粘りも良いお米です。
にこまる
味はヒノヒカリかそれ以上であり、見た目も大粒であり品質が高い品種のお米です。また、夏の高温にも負けず、お米にデンプンがしっかり蓄積できることから粒が大きくなり、炊き上がりもお米がべちゃつかず、粘り、食味も良いお米です。
ヒエリ
仁井田米の特徴とも言える香米です。炊飯するとポップコーンのような独特の香りがします。ふつうのお米に1割前後ブレンドしていただく品種です。注意事項として、100%で食べることはおすすめできません。

お米の管理は、カントリーエレベーター

JA四万十は高知県で唯一のカントリーエレベーター(大規模乾燥調製貯蔵施設)を保有しており、お米をもみの状態で保管することで品質低下や品質の均一化できるというメリットがあります。また、ご注文頂いてから籾摺りを行っており「今摺り米」をお届けできますので年間通して新米の味を召し上がれます。

JA四万十エコ栽培米生産部会の紹介

平成17年度より堆肥活用低農薬専門部会として活動し、高知県の慣行栽培基準の化学農薬・化学肥料を5割以下に抑えて栽培した、『特別栽培米』を生産しています。
平成19年度に部会の名前を『エコ栽培米生産部会』と改名し、知事から認定を受ける『エコファーマー認定』の取得をし部会員全員が環境に配慮した農業を推進するために取り組んでいます。平成24年度より、スズノブ西島豊造氏をアドバイザーとして迎え全国ブランド米の挑戦を開始しました。部会員は、環境に配慮した農業を推進するため、公益財団法人四万十川財団が認証する「四万十ブランド認証」を取得しています。
また、厳選にこまるは品質、食味値等において独自のJA四万十厳選にこまる基準を設け、基準をクリアしたものだけが「JA四万十厳選にこまる」となり、仁井田米とは完全に差別化された高 品質でプレミアムなお米の生産を行っています。

JA四万十厳選にこまるの特徴

外観(見た目)は光沢が良く通常の「にこまる」よりさらに大粒です。炊き上がりは粒立ちが良く、時間が経過しても色艶が落ちません。また、大粒であることから最新の炊飯器にも負けないお米です。
食感はやや柔らかいですが、米粒感を感じ、冷めても米粒感はしっかり残っています。 食味は、ややあっさり系ですが、ゆっくりとほのかな甘みが広がり、食べた後も口の中に甘みが残ります。さらに、色々なおかずとの相性も良く、お米の美味しさだけでなく、おかずも引き立てます。
平成29年度:部会員16名、栽培面積7.5ha、
特別栽培米(化学肥料・農薬5割減) ※1、エコファーマー認定取得 ※2、四万十ブランド認証取得 ※3


仁井田米基準特別栽培
仁井田米基準
JA四万十厳選にこまる基準
JA四万十
品質基準
網目1.8mm1.85mm1.95mm
※天候、作況により1.90mmになる場合があります。
色彩選別なしなしあり
食味値目標値なし目標値なし80点以上(参考目標値)
品質良好時85点以上
タンパク目標値なし目標値なし7.3%以上(参考目標値)
品質良好時6.9%以上
千粒重目標値なし目標値なし23.0g以上(参考目標値)
整粒歩合目標値なし目標値なし80%以上(参考目標値)
品質良好時90%以上

項目解説
食味値一般に食味計などの測定機器によって、数値化された食味値の評価。数値が高いほど美味しい米とされる。
タンパク含有値含有率が高くなると炊飯米が硬く粘りが低下し、食味は不良となる。特に窒素施肥量と関係しており、穂肥の増加や実肥は精米中のタンパク質含有率を高めて食味の低下を招く。
千粒重(粒の大きさ)1,000粒の重さを意味する。一粒ずつでは軽すぎるものを比較する際に用いる重さの指標。品質によって異なり、20〜30gくらいまで幅がある。ヒノヒカリの千粒重は22g程度。
整粒歩合(粒の揃い)米の状態を見極める基準のひとつで、一定量の玄米の中に存在する、きちんと整った形(整粒)をしている米粒の割合を%で示したもの。

※(株)サタケ製の分析機器を使用し品質確認を行っています。

「JA四万十厳選にこまる」・「特別栽培仁井田米」共通

農林水産省新ガイドラインによる表示
化学合成農薬:当地比5割減(使用回数)
化学肥料:当地比5割減(窒素成分)
栽培責任者 高知県高岡郡四万十町東川角 西 充
確認責任者 高知県高岡郡四万十町東大奈路513
四万十農業協同組合 販売推進課
精米確認者 高知県高岡郡四万十町東大奈路513
四万十農業協同組合 販売推進課
連絡先 (0880)22−3586
節減対象農薬の使用状況
使用資材名用途使用回数
イミダクロプリド殺虫1回
※スピノサド(天然由来成分)殺虫-
イソチアニル殺菌1回
オキサジクロメホン除草1回
テフリルトリオン除草1回
※塩基性硫酸銅殺菌-
フェリムゾン殺菌1回
フサライド殺菌1回
※バリダマイシン殺菌-
ジノテフラン殺虫1回
シラフルオフェン殺虫1回

※有効成分スピノサド・バリダマイシン・塩基性硫酸銅は節減農薬対象外となります。


※1.特別栽培農産物認証制度

一般的な栽培方法(慣行栽培)よりも食の安全基準を高く設定して栽培されます。
化学肥料・化学農薬を5割減まで抑えた体にやさしいお米です。

※2.エコファーマー認定制度

土壌診断に基づいた土づくり技術、化学農薬・化学肥料低減技術計画を提出し、安心・安全な農業を実践する農業者へ高知県知事から認定されるものです。

※3.四万十ブランド認証制度

四万十ブランド認証とは、(公益財団法人)四万十川財団が行う認証制度で、日本最後の清流「四万十川」の大いなる恵みに思いをめぐらし、日本最後の清流にふさわしい環境の保全と保護をはかり、その名とともに後世にわたって「四万十川」を守り育てていくという制度です。
「四万十川」やその流域を保全するための具体的で効果的な対策に取組んでいることが条件で、かつ「四万十川」の流域内で生産されていることが条件となります。この認証マークがある商品は生産者と皆さまの信頼と安心の目印になります。
四万十ブランド認証マーク

四万十ブランド認証マーク

四万十サトイモ (白芽芋)

四万十サトイモ(白芽芋)が育つ場所 JA四万十の安心・安全 おいしい特産品

■四万十サトイモ(白芽芋)とは■

 JA四万十管内は粘土質の圃場が多く、サトイモの収穫時には大きな労力がかかります。しかし砂質土よりも粘土の方がサトイモの粘りが強く、品質が高いことから消費者の方々からも非常に喜んでいただいています。また四万十町は昼夜の寒暖差が激しくお米やその他作物においても非常に味の良さも魅力です。


■JA四万十サトイモ部会とは■

 JA四万十では平成6年からJA四万十サトイモ部会が発足し白芽芋の栽培がスタートしました。現在JA四万十里芋部会では一発マルチ栽培と呼ばれる植付けから収穫までの期間をマルチで覆う栽培方法をとっています。この栽培方法の導入により、従来のような土寄せや追肥、除草といった作業がなくなり、大幅な省力が可能となっています。品種は「女早生」で、現在に至るまで栽培しています。一時は40名を超える生産者がいましたが年々減少してきました。しかし、近年のサトイモ栽培においては技術の向上や栽培方法の改善により大幅な省力化が可能となりまし平成28年度では生産者数が14名に対し、栽培面積が2.6haとなっており、1戸当たりの栽培面積も拡大傾向にあります。また栽培技術の向上のより、以前より収量も上がり始め中には反収2トンを超える生産者も増えてきました。今後も新たな生産者を集いながら出荷量の増大、品質の向上に向けて部会活動に取り組んでいきます。

四万十みょうが

四万十みょうがが育つ場所 JA四万十の安心・安全 おいしい特産品

■四万十みょうがとは■

四万十みょうがJA四万十管内の海岸部「興津地区」を中心にハウスで栽培されるミョウガは、『四万十みょうが』の愛称で親しまれ、鮮烈な香りとともにそのボリューム感と美しい鮮紅色を持つことで市場からも消費者からも高い支持を受け続けています。

全国的に養液栽培が増えてきていますが、当地区のミョウガのほとんどは昔ながらの土耕栽培で行っています。管内で生産される堆肥をふんだんに使って稲ワラなども沢山投入して土作りを行い、有機質肥料中心の施肥を行っています。

減農薬栽培を推進するために、ハウス開口部に害虫の侵入を抑制する「防虫ネット」を展張し、害虫を食べる「天敵昆虫」導入したり、夜蛾類のハウスへの忌避効果を発揮する「黄色防蛾灯」を設置するなどして、高知県園芸連の「エコシステム栽培」を全戸で実践しています。

また、農薬の適正使用はもちろんのことハウス毎に生産履歴記帳を行いトレーサビリティーの徹底に努めています。

■興津ミョウガ部会の紹介■

当JA管内におけるミョウガ栽培は25年以上の歴史をもち、全国一の生産量を誇る高知県内でも第2位の産地を確立しています。

現在は、興津地区で60名、窪川台地部で2名の生産者でミョウガ部会が構成され周年出荷体制を確率しています。
出荷最盛期となる3〜8月はほぼ毎日東北から九州までの30以上主要市場に出荷し量販店の店頭に並んでいます。

窪川ポーク・米豚

窪川ポーク米豚が育つ場所 JA四万十の安心・安全 おいしい特産品

■窪川ポーク米豚とは■四万十町窪川地域は仁井田米の産地として古くから県内でも有数の米どころであり、豚の飼料にも活かせないだろうかと水稲農家と養豚農家が一丸となって取り組み始め、試行錯誤の末「窪川ポーク米豚」が誕生しました。
米豚はしまりがよく、良質な脂肪に加え、やわらかい肉質を持っています。豚肉にはもともと、代謝を助けるビタミンやミネラルが豊富で、必須アミノ酸をバランスよく含む優れたタンパク食品です。飼料に仁井田米を混ぜることによりその必須アミノ酸が従来の豚肉より増加していることが判明しております。

■窪川養豚協会の紹介■
四万十町窪川地域の養豚業は昭和36年に始まり、昭和45年に窪川養豚協会が発足しました。また、養豚業の普及によって子豚市場が開催されるようになり、関西・九州など県外からも多くの購買者が訪れる市場に成長し、名実共に西日本最大の子豚市場を誇っていました。
しかし、時代の移り変わりと共に、会員数は減少しましたが、経営規模の拡大や生産技術の向上など生産者の努力により、年間約30000頭の肉豚を生産しており県内でも最大の生産地になります。
窪川ポークとは窪川養豚協会が生産する豚肉の総称で、「麦豚」、「米豚」、「エコ豚」など特徴ある豚肉を生産し、消費者の皆様に喜んでいただけるよう日々、創意工夫に努めています。

四万十黒毛和牛

四万十黒毛和牛が育つ場所 JA四万十の安心・安全 おいしい特産品

■四万十黒毛和牛とは■

四万十黒毛和牛が育つ、四万十町窪川地域は標高230mの台地にあり、四万十川上中流域の恵まれた自然環境の中にあります。濃い朝霧に包まれる郷は昔から畜産業が盛んです。
四万十黒毛和牛とは、平均年齢30代前半の若返った3名の経営者たちが「もっといろんな人に自分たちが自信を持って作った牛肉を食べてもらいたい」とブランド牛への取組みが始まりました。


四万十黒毛和牛の約束
一、 高品質保持のため飼育生産者が厳選した統一の配合飼料を使う
二、 地元農場で飼育し、27ヶ月以上32ヶ月未満の未経産牛・去勢牛に限る。
三、 肉質等級5、4等級の黒毛和牛に限る

以上の約束事を掲げ、より良い牛肉をお届けするために、例え肉質等級5等級の牛でも部位ごとに良し悪しを見極め、厳選されたものを『四万十黒毛和牛』としてお届けいたしますので、ぜひご賞味ください。


■四万十黒毛和牛 生産者の紹介■

宮本和人さん(38)甲把大輔さん(31)堅田雅仁さん(30)の3名
 もともと高品質の牛肉を生産してきた先代の技術を継承し、現在では立派な経営者となっています。しかし、本人たちは現状には満足せず、更なる品質向上に向けて、定期的な話し合いを行い、飼育技術など日々研究しています。「自分たちは同志であり、ライバルだ」と、情報の共有は必要だが、3人が刺激しあえる関係でありたいと話しています。

四万十生姜(ショウガ)

syouga


syouga

syouga
syouga
syouga
syouga
syouga
syouga
syouga




syouga
















JA四万十では、高知大学の島村准教授らの協力のもと、私どもの生姜の科学的な分析を行ってまいりました。
実際に、味覚センサーで新生姜と囲い生姜を比べたところ、囲い生姜は旨みが強く、渋みや苦味が低いことがわかりました。このほか、ショウガオールの含有量を調べたところ、生姜収穫直後の新生姜より3ヶ月貯蔵した囲い生姜のほうが、ショウガオールが多く含まれていることも確認できました。
※ショウガオールとは・・・主に辛み成分で、身体を芯から温める効果があるとされています。




JA四万十では、年間約1,000tの生姜を出荷しています。
秋に収穫された生姜は、選果場で土付きのまま貯蔵庫で保管し、出荷する際に水洗浄を行います。土を洗い落とし、きれいに洗った生姜は、手慣れた作業員さんの手によって大きさが揃えらます。そして、ひとつひとつ手作業で心を込めて梱包され、みなさまの元へお届けいたします。







コンテナを使った生姜の栽培にJA四万十管内の小学生が本気で挑戦!

※子供たち以上に担任の先生が燃えています(笑)

収穫された生姜はコンテストへ出展され、その年ナンバーワンのコンテナ生姜を決定します!

今年も、生姜農家が驚くほど大きな生姜が収穫できました!



圃場共進会とは、ショウガの生産現場である畑の審査を行います。

審査内容は、ショウガの生育の良し悪し、雑草が生えていないか、病気や虫が来ていないかどうかなどの項目で評価され、想像以上のプレッシャーが生産者を襲います(笑)




JA四万十を代表するショウガ、ニラ、ピーマン、ミョウガなどの野菜が展示されます。

綺麗に箱詰めされた野菜の輝きはまさに野菜の宝石箱。

なかでも目を見張るのは、ずらりと並ぶショウガ。

その迫力は写真ではお伝えできないぐらい圧巻です。


syouga

ミネラルニラ

四万十ミネラルニラが育つ場所 JA四万十の安心・安全 おいしい特産品

■四万十ミネラルニラとは■
にら画像 袋入り2四万十管内のニラは、四万十川の流れる高南台地の肥沃な土壌で作付けされ、葉幅が広く香りや食味の良い品種を栽培しています。
ハウスの中で誇らしげにそびえた立ったニラ。
収穫は、葉先に水滴をたずさえた早朝のニラを一株ずつ丁寧にカマで刈っていきます。
切り口から滴る葉汁、ニラの甘い香もただよい食欲がそそられます。
11月から6月にかけて出荷されるハウス栽培が中心ですが、ハウスの春植え栽培や露地栽培にも取り組み周年出荷をしています。

■JA四万十ニラ部会の紹介■
現在、約80名の生産者が、ハウスと、露地で栽培しています。土の分析を行い必要な肥料だけを適正に使用するとともに、特にミネラル(微量要素)を調整する事により、こだわり続けた栽培方法で作られるニラはほんのりとした甘味が特徴です。JA四万十ニラ部会では、おいしくて食べた人を笑顔にできるこだわりの栽培を目指しています。

■JA四万十おすすめレシピ■

ニラのかき揚げ

ニラのかき揚げ 【材 料】
 ニラ2束/(200g)
 天ぷら粉/100g
 ニンジン/1/4
 ショウガ/少々
 タマネギ/半分
 卵/1個

 「JA四万十のゆずぽん酢で食べると美味しいです」


.縫蕁▲織泪優、ニンジンを5冂度にカットする。

天ぷら粉と卵、水、,鬚茲混ぜあわせ、油で揚げる。

ポン酢で食べる場合は、擦ったショウガをのせて。

ニラのシーチキンあえ 

ニラのシーチキンあえ 【材 料】
 ニラ1束/(100g)
 シーチキン/1/2缶
 塩コショウ/少々


.縫蕕20僂棒擇辰謄汽辰氾鬚く。

▲掘璽船ンを入れて、塩コショウであえて出来上がり。

ニラのおやき

ニラのおやき 【材 料】
 ニラ/(20g)   白みそ/小さじ2
 砂糖/小さじ2  ごま/小さじ1
 水/小さじ1    ご飯/80g
 薄力粉/50g
 水/20〜30ml  油/こさじ1


.縫蕕2僂里兇切りにする。

白みそ、砂糖、ごま、水をあわせる。

ボウルにご飯と薄力粉を混ぜ合わせ、ニラと△1/3量を入れ、水を少しずつ加えながらこねまとめる。

すイ澆梁腓さに丸めてつぶす。

ゥ侫薀ぅ僖鵑琶厂未困直討。

焼きあがったおやきに残りの△鯏困┐襦

四万十アスパラ

四万十アスパラが育つ場所 JA四万十の安心・安全 おいしい特産品

■四万十アスパラとは■
四万十アスパラは、四万十川流域の豊かな自然と清らかな水が育てた自慢のアスパラガス。
生産者は一本気の土佐気質。
土作りにこだわり、環境にこだわり、四万十管内畜産農家の堆肥を使い、環境にやさしい栽培を心がけ、安全でおいしいアスパラガスの生産に情熱を傾けています。
注がれる愛情とこだわりと高南台地特有の朝夕の温度差の中で栽培している事により、甘味ののったやさしいアスパラガスが育つのです。
出荷日の朝に収穫された自慢のアスパラガスを生産者の想いと共にお届けします。


■アスパラガス研究会の紹介■
生産者13戸、2.3ha の栽培面積で取り組んでいます。生産者の年齢層は、30代〜70代と広く、会議などで活発に意見を交わしながら取り組んでいます。
海釣りを趣味とする方が多く、腕前はピカイチ! そんな楽しい研究会の皆さんです。

ページトップへ